社員インタビュー

津吹和生
【現場担当】

川井電気商会への入社経緯を教えて下さい。
元々社長の川井が大学の先輩でして、前職に就くにあたっては川井にお世話になったのですが、2011年にその会社を退職しました。その時にも社長が「ちょうど、うちも人手が足りないから」と手を差しのべてくれ、手伝いとして入社し現在に至るんです。
あなたの担当業務は何ですか。
照明制御、中央監視のシステムを主に担当しており、例えばビルのLEDの改修工事の監督などをしています。
この仕事のやりがいは何ですか。
制約がなく自由な分、自分で考えることが多く、決して楽な仕事とは言えませんが、自分が思ったとおりに仕事ができることは喜びですね。お客様のご要望に最大限応えるべく、あれこれ自分の知恵を振り絞って仕事ができることが自分は仕事のやりがいだと感じています。
川井電気商会の魅力は何だと思いますか。
言うまでもなく社長の人柄ですね。物腰が柔らかく、誰にでもフランクに接してくれます。困ったことがあってもすぐに助けてくれますし、アドバイスもどんどんくれるので、安心して仕事ができます。

あなたからみて川井電気商会はどんな会社ですか。
会社にこれといった型はないのですが、メンバーの一人ひとりが特化している分野が違うので自分はマッチしていると思ってます。特徴がないというと聞こえが悪いかも知れませんが、特徴がない分、自分色を出せる会社だと思いますね。
今の仕事で大切にしていることは何ですか。
明るく楽しく仕事をすることです。雁字がらめにならないようにですね。自分を律し、締めるところは締めなければいけないですが、それでも楽しく仕事ができる雰囲気を作りながら仕事をするようにしています。
採用ページを見て頂いてる方になにかメッセージをお願いします。
独立するまでもないけど自分でやりたい人間にはすごく合ってる会社だと思います。また、技術がない方には、しっかりと教え、サポートしたいと思いますし、やることも電気工事だけではないので、いろいろな経験も積めます。前にグイグイ進んでいくやる気が一番重要だと思います。むしろ新しい仕事を会社に持ってきてくれるぐらい前向きの方であれば絶対にマッチすると思います。

TOPに戻る

Copyright© KAWAIDENKI SHOKAI All rights reserved.